資料請求・病院説明会・
インターンシップ

文字サイズ
標準

看護継続教育について

教育構想図

教育構想図教育構想図

当院の教育理念

高い倫理観と誇りを持ち、患者中心の看護を追究する看護師を育成する。

当院の教育方針

  • 1. 自律性を重んじる教育によって、主体的に行動する看護師を育てます。
  • 2. 入職後2年間は、新人コースにより基礎(確実な知識と技術)を身につけられるよう支援します。
  • 3. 入職後3年目以降は、看護師一人一人の成長に合ったプログラムを提供します。
  • 4. より良い看護実践に直結する教育プログラムを提供します。

当院における看護継続教育の目的

患者中心の看護を提供するために、ナースとしての自分の行動に対する根拠と責任を明らかにしながら、専門職業人(※)としての成長を図る。
※専門職業人とは、患者のニーズを充足するために最善のケアを提供し、自己啓発に努める者をいう。

当院における看護継続教育の目標

  • 1. 看護過程を展開することで、個別的な看護を継続的に実践・評価し、その結果に対して責任を持つ。
  • 2. 科学的な看護実践を積み重ねて、知識の体系化に貢献できる。
  • 3. 専門職業人として自覚し、自らを律することができる。
  • 4. 看護の専門性を発揮し、医療チームの一員としての役割を果たすことができる。

看護教育部

1974年(昭和49年)に、日本で初めて独立した部署として設置され、現在6名で運営しています。教育担当は院内教育の企画・運営を、TNS(Toranomon Nursing System)担当は看護ケア量測定調査・データ管理を、それぞれ各部署・他職種と連携して行っています。