資料請求・病院説明会・
インターンシップ

文字サイズ
標準

TNS
(Toranomon Nursing System)

TNSとは

TNS(Toranomon Nursing System)とは、当院独自に開発し1981年より運用している看護ケア量を客観的に測定するシステムです。適正・公平な人員配置に活用することで、患者さんはどの病棟に入院しても公平な看護を受けられ、ナースにとってはできるだけ公平な業務量になることを目指しています。

TNSの考え方

TNSの考え方
  • ケア量が少ない場合ケア量が少ない場合ケア量が少ない場合
  • ケア量がちょうど良い場合ケア量がちょうど良い場合ケア量がちょうど良い場合
  • ケア量が多い場合ケア量が多い場合ケア量が多い場合

TNSの測定の実際

TNSの測定の実際

TNSの測定の実際

必要としたナース値

入力された項目を患者ごとに得点化、タイプ分けし、さらにタイプごとの平均値を元に各病棟の必要としたナース値(単位:人)が割り出されます。これが人員配置のための客観的な情報となります。

TNS値
必要としたナース値 配置したナース値 必要/配置
深夜 2.5 3.3 0.76
日勤 6.6 8.4 0.79
準夜 3.2 4.0 0.80