資料請求・病院説明会・
インターンシップ

文字サイズ
標準

プライマリ・ナーシング

プライマリ・ナーシング

プライマリ・ナーシングは、一人の患者さんを一人のナースが一貫して受け持ち、責任をもって看護過程を展開します。一人のナースが責任をもつことで、個々の患者さんのニーズに焦点を合わせた、より良い看護を提供することを期待したシステムです。
個々のナースは、自律性をもって看護を実践することによって、患者さんのニーズをより満たすことができ、仕事に対する満足感が得られます。さらに看護専門職としての自己の成長への意欲を助長され、看護を探究し続けることが可能になります。

具体的運用方法
〜入院から退院までの流れ〜

入院から退院までの流れ

具体的運用方法

具体的運用方法

Q&A

1年目看護師はいつごろからプライマリ患者さんを担当するようになるのですか?
部署の状況や、看護師の習得度にもよりますが、おおよその目安として、就職して半年が過ぎて日々の業務をスムーズにできるようになったころから、先輩看護師と一緒に一人のプライマリ患者さんを受け持ち始めます。先輩看護師のフォローの元、看護計画立案など看護過程の展開を行います。それを何名か経験した後、徐々に自立していきます。
プライマリ・ナースは、プライマリ患者さんに関する責任を全て一人で負うのですか?
プライマリ・ナースは、プライマリ患者さんの看護を主体的に展開し評価する責任を持ってはいますが、一人だけで看護を行ったり、一人の肩に全責任がかかったりするわけではありません。医療や看護はチームで行っています。プライマリ・ナースが不在の時には、同じ部署のナースがアソシエイト・ナースとして患者さんを受け持ち、患者さんのニーズの把握や看護過程の展開を代行します。部署では患者さんに関するカンファレンスが日々行われ、自分のプライマリ患者さんについての相談やアドバイス、助言を皆からいつでも受けやすい雰囲気です。また、看護師長とチーフナースが、全ての患者さんの状況を把握し、部署全体の看護に責任を持っていますので、発達途上のプライマリ・ナースについてもその実践を補い、支えています。
プライマリ・ナースとして一人の患者さんにしっかりかかわることのやりがいを感じつつ、チームに支えられ、個々のペースでプライマリ・ナースとして成長していけますので、安心して看護を実践して下さい。

1年目看護師のプライマリ・ナース体験談

自分なりの役割を果たすこと 間明田 美保

「私のように未熟なプライマリ・ナースより、先輩が担当すればもっと良いケアができるのでは?」と思って辛くなることもあります。でもその反面嬉しい出来事もたくさんあります。患者さんに「あなたが受け持ちで安心した」と言って頂けたり、退院した患者さんが病棟まで会いに来てくれて「顔を見に来た。元気にしてるよ」と言ってくださったりすると、本当によかったと思います。患者さんからの言葉は一番の自分の原動力であり、頑張ろうという気持ちになります。経験が浅く力不足があっても、先輩のアドバイスを受けながら、自分なりの役割を果たしていけばよいと今は考えています。患者さんへの接し方、知識など、先輩の良いところを見て、これからもたくさん学んでいこうと思います。